肺の底

あなたが。
わたしの肺の底にいて
ときおり香ること。

離れてしまっても
消えないものとして
抱える。

尊い、感情なんかではなくて
わがままな
足跡。
あなたにも付いていればいい。

春は果てた。
盛夏は過ぎ、
芯ばかりが冷たい秋。
関係があたたまることはないのだろう。

しずんだ空気の奥に
あなたをひそめて
静かに息を吐く。


2017/9/14