魔法の呪文

すべり落ちる流れ星は

かき消えていく。

祈りはあふれて押し流されるから
効き目も不確かな呪文をつぶやく。

それがわたしを勇気づける
というなら、
昨日までの手足は錆びていたのだろう。

夏の終わり 芯だけが秋の風、
つややかな身体が
新たな日々の扉を開ける。


#ヘキライ 参加作品
季刊ヘキ https://twitter.com/kikanHEKI
2017/9/16