濡れる肩先

背中に冷たい雨粒が落ちて

ぞわっと鳥肌になる

にわか雨

吹きさらしのわたしが

インクの出が悪いボールペンの

半端さで立っている

捨てられないのに

残らないもの

わたしのゆびは遠くを

掴めない

ぞくりとする

存在のあいまいさ

いつ止むとも知れない

雨宿りはつぶれた店の軒先で

肩先はしばらく

濡れている



2018/6/2