金曜日

月が明るくて星が見えない

街の夜は紺色、

あざやかな。


ビルのてっぺんのネオンも

道端の看板の電飾も

ぴかぴか光って

ささやかな祝福、

一日を生きのびましたね。


アスファルトに弾む足、

今はヒールの音も柔らかく響いて

明るいスカートをひるがえし、

さらさら進む。


落葉し始めた並木に

掛けられたコードは

イルミネーションの支度、

コンビニでは

おでんがセールになる。


工事現場のクレーンは

先っぽを赤く灯して眠っている。

その先に月、

赤、黄色、紺色、混ざって。

スマホのカメラではぼやけてしまう

色をひとみは捉え、微笑む。


だんだんと凍って

研ぎ澄まされる空気に

薄手の上着をかき寄せながら。


冬の気配に

自転車のサドルは

つやめく。


2018/11/18