曲線、一筆で書ききれない

わたしは随分と曲線で生きてきたので、
目はずっと楕円形だし
身体中のぞいても純正な真っすぐは
見当たらないように思います。
ゆいいつ、外付けの眼鏡のつるはぴしっとしています。

曲線的な身体で
直線を思考するのは難しくて
あとから真っすぐのショートカットを見つけて
自分の辿ったカーブを眺めます。
よい、景色です。
取りこぼしたり、歩数が多くなったり、
しているのでしょうが、
たぶんこれがわたしにとっての
最適だと思えて、
いくらかは傷のついた足や腕を
撫でます。
この頼もしさで進んでいます。

わたしのカーブは
あなたの、彼・彼女らの、たくさんのカーブと
重なったりかけ離れたりしながら
重みを増します。
傷んだり 治ったり
わからなかったり わかったり
忙しない明滅です。
明日の夜空に飾ったら
ネオンサインのようでしょう。

そして、まだまだ生きつづけるので
構成する曲線、一筆では書ききれません。

 


2019/10/18