海峡(下関にて)

雨が降りしきる
海は海のままで
顔色を変えることなく
波を寄せ 流れをつくり
潮の匂いを辺りに満たす

雲ともやの境目が
わからなくって
船が突然に視界へ飛び込む
端っこ同士をつなげて
ひとりぼっちからは遠い

海峡を望む
観覧車に乗るには
周りの色が白くかすんでいて
防波堤を歩いた

蓄積されていく
一層一層のゆらめきを見て
ひとつ息をする
わたしは明日この町にいない
旅びとの目が今、強くある

2019/4/30