2022年に書いた詩です。

 

八月の視界