· 

『きょりかん』新装版のこと

Twitterではお知らせしていましたが、『きょりかん』新装版が届きました。

奥付の発行日は2018年3月21日ですが、早速、大阪・中崎町の葉ね文庫さんと阪急京都線水無瀬駅改札口真ん前の長谷川書店水無瀬駅前店さんに置いていただいています。

Amazonには密林社さん経由で出品します(URLは判明次第、新装版の案内ページに追記します)。
架空ストアさん(通販・店舗)にも委託をお願いしようと考えています。
イベント参加は、5/27 第四回文学フリマ金沢(委託)が確定、9/9 第六回文学フリマ大阪(直接)に申込済、7/15 第22回TOKYOポエケットに申込予定です。

 

さて、ちょっとだけ新装版を作ったお話をしたいと思います。
『きょりかん』の初版は、頒布開始から1年となる1/21の第二回文学フリマ京都をもってイベントでの頒布を終了し、1/28には架空ストアさんへ商品引き取り申請をしました。手元にはあまり残りませんでした。
中原中也賞最終候補のお知らせをいただいて、驚くと同時にうれしかったので、せっかくだから新装版を作ろうと思い立ちます。
ずっと前からやってみたかった表紙への箔押しと、A5サイズが大きく感じられたのでB6サイズに小さくすることを決めて、データを作り始めました。
表紙は箔押しをするのでデザインはシンプルにして、きらきらしているミランダという用紙を使い、本文用紙も手触りの柔らかい紙を選びました。遊び紙はトレーシングペーパーです。印刷屋さんにきれいに作ってもらいました。とても満足です。
初版よりたくさん作ったので、しばらくこの本と一緒に歩みたいと思っています。