· 

札幌旅日記

札幌に一泊二日で行きました。あまり調べずに、三連休を狙ったら、ちょうど雪まつりの時でとても楽しみにしていました。

 

旅立ったのは大寒波襲来の日です。電車や建物の中はコートを着ていると暑いくらい、でも外は体験したことのない寒さでした。ダウンコートと防寒具でもこもこと着ぶくれ、コートのポケットにはカイロも入れていましたが、それでも寒かったです。

 

スープカレーを食べて、大通公園へ。雪まつり公式グッズを買ってから、公園を歩いて雪像を見ます。大雪像の大きさには驚きました。ステージになっていてライブをしていたり、小さなジャンプ台でデモンストレーションがあったり、子ども向けに滑り台もありました。食べ物やグッズのお店も出ています。臨時郵便局もあって、来場証明書を手に入れました。テレビ塔の下の1丁目から10丁目まで歩いたところで、寒すぎてUターン。

 

頬が痛いというよりは、固まったような感覚で、IKEUCHI GATEへ入りました。書肆吉成で本を眺めているうちにだんだん解凍されてきた感じがしました。新本と古本の詩集を買って、次の目的地の俊カフェを目指します。

 

俊カフェが入っている建物の入り口には谷川俊太郎さんのパネルがあり、寒いからでしょうか、ニット帽とマフラーをつけていました。お店の中はカフェというよりは図書室みたいな印象です。ハーブティーを頼んで、ゆったりと詩集を読みました。

 

ホテルにチェックインしてから、すすきのへ。ここも雪まつりの会場で氷像が展示されています。氷像を見ながら歩いて、回転寿司に入りました。職人さんが握ってくれるお店で、特にほたてが美味でした。

 

2日目は行き当たりばったりで、ホテルの部屋でGoogleMapを眺めていたら「雪印パーラー」の文字を見つけ、行ってみることにしました。朝からパフェを食べました。スノーロイヤルという雪印パーラー限定アイスクリームが使われたものです。牛乳の味がしっかりするけれど、口どけはなめらかでしつこくなく、おいしかったです。

そのあと、札幌の工房や作家の商品を販売しているお店で買い物をしてから、味噌ラーメンをお昼ごはんに食べ、新千歳空港へ。

 

短いけれど楽しい旅でした。西日本で育ったので積もった雪へのあこがれがあり、この寒い時期に札幌へと向かいました。雪と寒さは体験したので、次は暖かい時期に行ってみたいです。