· 

第四回文学フリマ京都に出店しました

1月19日(日)に開催された第四回文学フリマ京都に出店しました。京都では過去最高の来場者数(出店者含む)だったとのことで、会場は熱気に包まれてたいへん暑かったです。

設営は手慣れたものであっという間に終わったため、大急ぎでみやこめっせ向かいのロームシアター京都にある蔦屋書店に行って資生堂の『花椿』春号を手に入れました。花椿文庫が詩集なのです。

会場に戻ってからはゆっくりと始まるのを待ちました。
例によって、開場してすぐに買い物に行きました。今回は見本誌コーナーが会場の真ん中にあって各列に一つずつだったので、見本誌を読んでいいなと思った本を買いに行きやすくてよかったです。

そのあとは買った本を早速読みながら、お店番をしていました。
やはり関西がホームだなぁと思います。立ち止まってくださる方、お話ししてくださる方が多くて、フリーペーパーもたくさん受け取っていただけました。それから、思いの外『声を差し出す』をお求めいただき、とてもうれしかったです。

お越しくださったみなさん、事務局スタッフの方々、ありがとうございました。

サークルとしての次の予定は未定です。9月の第八回文学フリマ大阪に申し込んでいますが、なにぶん半年以上先のことなので参加することが確定したら、改めてお知らせします。
海老名個人としての予定も、今のところ特にありません。しばらくは、のんびりと詩を読んだり書いたりしようと思います。夏か秋には個人詩誌を出したいなと思っています。