· 

マッサージ、食べる話ばかりする

四連休だけれど、特に人と会って何かする予定はない。

オリンピックを見るつもりもないというか、そもそも家にはテレビがない。それにしても、ここ数日の開会式に関連するニュースを見ると、驚いてしまう。コロナが収束していない状況でオリンピックを開催する理由が、わたしにはよくわからないこともあって関心が薄れている。

 

午前中に、初めて行くリラクゼーションサロンでマッサージの予約をしていた。少し早めに家を出て、サロン近くのスタバでティーラテを飲みながら、詩集を読み、詩を書いた。朝のスタバはわりと静かだった。

マッサージ50分と首のリンパケアのコースで、じっくりマッサージされた。肩こりが酷くて首も硬いのは自覚しているけれど、背中や腰・太ももの裏も硬かったようだし、初めてデコルテをマッサージされて「凝っている…」と感じた。50分もマッサージされるとくたびれるかなとも思ったのだけれど、時間をかけてゆっくりほぐしてもらうほうがよいみたいで、今のところ揉み返しで不快なこともない。よい感じなので、今日行ったサロンを今後も利用しようかなと思っている。

 

それから、そば屋さんで山菜とろろそばを食べて、買い物を済ませる。

今週頭くらいから、「夏だからラタトゥイユを作ろう」と思っていて、鍋を見たら傷も入ってだいぶんくたびれているので、鍋を新調した。高級な鍋ではなくて、気負わずに使えるお手頃価格の鍋。よく考えたら、煮込み鍋はひとり暮らしを始めたときから買い替えていなかった。それは傷むわけだ。

鍋のあとは、食料品を買う。なす・ズッキーニ・玉ねぎ・パプリカ・にんにく・カットトマト缶、これらでラタトゥイユ。夏野菜が安いのかと思ったらあまり安くなくてちょっと迷いつつ、でも食べたいものを作る決意をする。それから、甘酢和えも作りたかったことを思い出して、米酢を買い、キュウリとかにかまを買った。そのほか諸々。

甘酢はずっと前に祖母がみりんと酢で作るレシピを見つけたとかで教えてくれたのだけれど、どこかへ失くしてしまった。砂糖と酢よりまろやかな感じで美味しかったので、Googleに頼ったところ、みりんと酢を1:1で使うレシピを発見、わたしの記憶でも1:1だった。みりんを煮詰めてから酢を加えるという作り方も、記憶と一致する。

帰宅すると汗だくで、着替えて一息つく。

 

おやつにクリームソーダを作ってみた。大き目の青いグラスにレモンソーダ1缶(330ml)を注いで、バニラアイス1個(140ml)をスプーンですくって乗せる。氷はなし。大雑把に乗せたので写真映えはしなかったけれども、しゅわしゅわと泡立つのが楽しい。ソーダをまとったアイスを食べ、アイスが溶けたソーダを飲む。ただ、作りすぎてちょっと体が冷えた。

 

晩ごはんは、ラタトゥイユ・キュウリとかにかまの甘酢和え・オムレツ・ごはん・カップスープの予定。

夜は本を読んで、のんびりお風呂に入り、早く寝るつもり。

今は数冊並行で本を読んでいて、それぞれの内容が全然違うので、意外と混乱しない。これは発見。でも長編小説を並行では読めないと思う。物語同士が変にくっついてしまいそう。