· 

珍しく食欲がない、散歩、筋トレ

8月は1回しか日記を書かなかった。単に忘れていたとも言えるし、変哲のない日常をどう切り取るのかとか、切り取るなら詩にしようかなとか、そういうことを少し思った。ワクチン接種2回目の副反応について書いておこうかなと思ったけれど、熱による倦怠感にやられて、時期を外してしまった。

 

今日は珍しく食欲がなくて、朝も昼もろくに食べず、そのくせ水出しコーヒーでゼリーを仕込んだ。

朝からぼうっとする頭で詩集を読んでいたら、その詩集とは全然違う言葉が浮かんで離れないし胸がうずくので、詩集を閉じて詩を書いた。わたしにしては長めの詩になった。自分でも推敲するけれど、合評会に出して読んでもらいたい気持ち。するすると書けたときほど、推敲が難しいし、作品の良し悪しの判断も難しい。

お昼をわずかに食べて、1時間半程昼寝をしていた。起きてぼんやりしながら水分補給をし、目がしゃっきりしたところで水出しコーヒーゼリーを食べた。インスタントコーヒーで作るよりおいしいな。簡単さはさほど変わらないし、今後はゼリーを作るときは水出しコーヒーで決まりという気分になった。

それから、昨日ふと読みたくなった岸政彦のエッセイ集『断片的なものの社会学』を読み始める。小説も読んだけれど、このエッセイの筆致が一番好きかもしれない。岸さんのかっちりした社会学の本を読んでみるのもいいかしら。数編読んで、今日家から出ていないことを思い出して、散歩に行くことにする。

 

散歩はコースをちょっと変えてみた。今までより川沿いを歩く。今日のコースのほうが緑が多く、歩いていて気分がいい。難点は人通りが少ない場所があること、街灯もないところを長々歩くこと。でもまあ、危害を加えられる危険はいつもそこにあるわけで、朝早すぎる時間や日暮れを避ければよいだろう。空は秋の感じだったけれど、まだ空気は夏なので、時速5.1kmで4.5km(iPhoneによる)歩いたら汗だく。

 

散歩から帰ったらさすがにお腹が空くだろうと思ったら、そうでもないので、これはどういうことだと首を傾げている。無理に食べるのもおかしいので、今日の晩ごはんはまるで朝ごはんのようなものになる。

 

5月からやっている家での筋トレは徐々に効果が出てきて、体脂肪率が0.3%下がり、骨格筋率が0.2%上がった。ノースリーブを着て髪の毛を結ぶときに鏡を見て、自分の肩回りが思ったより筋肉で驚いた夏だった。お腹を見ていたら、縦の筋は既に浮いているのだけれど、横の筋もうっすら見えてきた気がする。今やっているのは、腹筋ローラー・腕立て伏せ・ワイドスクワット。10~15回を1セットとして3セット。漠然とお腹や二の腕・内ももがもう少し引き締まればいいなーと思っているのだけれど、明確なゴールは定めていないので、もう鍛えなくていいよと思った時は、維持するための運動に切り替えよう。