· 

2022年の予定と目標

大晦日です。2021年もなかなか濃い一年を過ごしました。

早速、2022年の予定と目標について書きます。

 

★予定

○イベント

申し込んでいるものはゼロです。今後、コロナ禍の状況が好転したら、秋に開催されるだろう文学フリマ大阪に出られるといいなと思っています。関西以外のイベントに行く気持ちは、今のところありません。

 

○本

詩集を出したいと考えています。2021年の頭に見積もりをして、秋の終わりに入れたい詩を集めて仮の配列も作ったところなので、2022年は本にするための行動をしていく予定です。まずは見積もりをしていただいた出版社に連絡をするところから。

見返しの紙を付けたいなど装丁も考えているけれど、肝心のどんな表紙にするのか、写真を使うのか、絵にするのか、とてもシンプルなものにするのか、全く浮かんでいないことにこれを書いているときに気づきました。

あと、刊行時期は文フリに出るなら文フリに持って行けるようにしたいなと思っていますが、どうなるのかしら。

 

○詩紙にちにち

奇数月の第一土曜日に発行を続けるつもりです。今月は無理…と思ったら1回休みにします。というのも、4月から仕事がどうなるか少し見えないところがあって、慣れないことをして疲れ切る可能性もあるのです。そんな中で無理やり詩を書いてもよいものができないのは見えているので、詩との距離感を考えつつ、詩から手を離さないためにも、にちにちは緩めにやっていこうと思います。

 

★目標

○自然体

以上! という感じで、唐突に頭に浮かび、他に何も出てこないので、目標は「自然体」です。

恰好良い目標もいいけれど、自分の立ち位置だとか、身体とか、いろいろ変化してくるお年頃なので、無理せず気負わず恰好つけずにいきたいです。できることをやる、ちょっと頑張ればできそうなことにも取り組む、めちゃくちゃ頑張る必要がある物事のときは、本当にやり切れるのか、今やる必要があるのか冷静になる、といったところでしょうか。わたしを生きるのはわたししかいないので、自分で自分を壊さないこと。長い目で見るというか、ゆったり構えるというか、他人と比べて焦らないようにしたいです。

自分の身体を自分がちょうどいいと思う状態に保つことも大事だなと思います。自然な身体。散歩をするように心がけ、半年以上筋トレを続け、ストレッチもやり、なかなかいい感じに体力が向上したので、このまま維持していきたいところです。身体を壊した後や太り気味だったころなどと比べて、疲れがたまりにくくなり、土日にぐったり寝込むこともなく、筋肉痛も起こりづらくなりました。肩こりも少しマシになったような気がします。

何もせずのんびりすることが自然体ではなく、心身ともに程よく動いて自分に無理のない状態を保つことが自然体かなぁと思っています。

 

それから、目標というには具体的な行動過ぎるのですが、引っ越しをしたいです。現状の通勤時間が長すぎて苦行になってきたので、半分くらいになる街に行きたいと真剣に検討しています。

 

2022年も楽しむことを忘れずに過ごしていきたいです。自分がどうなるのか、何ができるのか、わからないところもありますが、今まで何とかなってきたから、何とかできるだろうと思います。