· 

近況報告

ここに2ヶ月以上何も書いていないことに気づいた。パソコンの調子が悪すぎて、長文を書くのがしんどく、そうすると日記を書く習慣が薄らいだ。たまには文章を書かないと、書き方を忘れそう。

パソコンをMacBook Airに買い替えて、少しキーボードの使い方がWindowsと違うので、そこに少々戸惑いながらも、大きな問題なく使えている。フォルダの使い方もちょっと違うけれども、そこは慣れてきた気がする。iPhoneユーザーなのでMacにしたことで、iCloudが使いやすくなった。それに、iPhoneで使っている縦書きテキストエディタをMacでも使える。今までより気軽に日記や詩を書けるといいなと思っている。

 

詩はやや停滞気味だったところを打破しつつある、と思いたい。7月末頃に「詩は言葉で描いた絵だ」と改めて思ったとき、近頃は意味を書こうとしすぎていた、と気づいた。それで、描くイメージで意味を通すことを重視しすぎないことを頭に置いて書いてみたら、2篇いい感じで書けた。もちろん使うものが言葉なので意味は付随するのだけれど、頭からお尻まで完璧に意味を通すことが詩ではないと思う。意味とイメージが連なっていって、詩の最初と最後で見える光景が変わればいい。

合評をしていて、感覚の表現が面白いと言われることが多い。そういう時、主治医に「自閉症の特性が良いほうに出たね」と言ってもらったことを思い出す。障害というと「悪いこと」みたいな印象になりがちなので、「良いほうに出た」というのは意外な言葉だった。困ることもあるけれど、悪いことばかりじゃないと思える。

 

生活に追われて、8月はあまり詩を書いていない。1つ目の物事はうまく終わったのだけれど、2つ目がこれから大変になると思われるので、今月は詩を書くことを諦め気味である。落ち着いたら書けるだろうから、焦らないようにしたい。少しではあるけれど詩集を読んでいるので、詩から手を離さないことはできていると思う。

 

今日はこれから図書館に行ったり、肩こりがひどいのでマッサージを受けたりする予定。